ブログ

2015年9月

9月 28 2015

コスプレと著作権 ④ ~主催者の責任

7月25日から8月2日まで、名古屋にて「世界コスプレサミット2015」が開催されました。

世界各国から、日本のアニメやゲームの登場人物のコスプレをしたチームが参加して、大いに盛り上がったようです。

 

 

このブログでも紹介してきましたが、最近、とくに地方でのコスプレ大会が盛んです。

それにともなって、地方公共団体がコスプレ大会を主催したり、後援(○○コスプレ大会実行委員会が主催し、行政側が後援する)することが増えています。

 

では、コスプレ大会を主催する場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

このブログの主題である、コスプレと著作権、という点について考えたいと思います。

 

 

具体的には、以下のケースが問題となります。

<ケース①>

「○○コスプレ大会の主催者が、大会(参加者は有料)の宣伝チラシにAアニメのコスプレの写真を掲載したところ、Aアニメの著作権者が掲載をやめて欲しいと言ってきた」

 

<ケース②>

「○○コスプレ大会にて、参加者がBアニメのコスプレを着用したところ、Bアニメの著作権者が参加者に着用しないで欲しいと言ってきた」

 

 

ケース①では、Aアニメのコスプレの写真が著作権に違反していれば、著作権者から「掲載をやめて欲しい」という請求に応じなければなりません。

 

ケース②では、大会の主催者としては、参加規約などで「参加者と著作権者との一切の紛争は、参加者が自己の責任において解決し、主催者は一切の法的責任を負わない」ことを明確にしておくべきです。

 

コスプレは著作権との関係では曖昧な部分が多いので、コスプレ大会の主催者側は事前に参加規約等を整備しておく必要があります。

 

 

 

 

<阪野公夫法律事務所のご紹介>

愛知県・名古屋市で企業法務、債権回収、相続、離婚などの法律相談は

http://www.banno-lawoffice.jp/
愛知県・名古屋市で遺産相続、相続放棄、遺言作成、遺留分のご相談は

http://www.banno-souzoku.jp/
愛知県・名古屋市で企業の倒産、事業譲渡、M&A、事業承継のご相談は

http://www.banno-saisei.jp/

 

0コメント

9月 22 2015

不倫・不貞の慰謝料額

最近、「不倫の慰謝料額は?」「枕営業って、不貞じゃないから、慰謝料はらわなくてもいいだよね?」といったご相談が増えています。

正式な法律相談というよりも、「友達が困っていて」「知人から聞いたんだけど」といった世間話のような(?)相談といったほうがいいかもしれません。

最近では「判例による不貞慰謝料請求の実務」(弁護士中里和伸 著)といった書籍も出されており、「不倫・不貞の慰謝料」はつねにホットな問題だといえるのでしょう。

そこで、これまで私も弁護士として多くの不倫・不貞による慰謝料請求の問題に対応してきましたので、自分なりの感想も交えながら、「不倫・不貞の慰謝料」の問題をまとめたいと思います。

Q&A形式にて、このブログでまとめていきたいと思います。

<目次>(予定)

1 「どうなったら、不倫・不貞の慰謝料が請求される(できる)の?」

2 「不貞慰謝料が認められない場合はないの?」

3 「不貞慰謝料の相場は?」

0コメント